【転職 失敗例】調剤薬局事務に転職した「はなさん」の失敗体験と失敗しないためのアドバイス

転職体験者の情報
名前:はな(仮名)
性別:女性
転職経験:2回
現在の年齢:26歳
前職:調剤薬局事務

高卒で経験もなかったのに調剤薬局事務で雇ってもらえていました。

それだけで良かったのですが時給などもかなり低く、一人暮らしがしたかった私にとっては少しネックになってしまいました。

でも雇ってもらえたことが嬉しいく、職場の方も優しいかったのですごく居心地が良かったんですが、どうしても時給の低さが厳しく思えてしまい、また時間帯などによりアルバイトをもう一つすることは厳しく、その時は10代だったこともあり目先のことしかみえておらず、辞めてしまいました。

手取り12万あるかないかしかなかったので辞めたんですが、無料で資格をとる勉強などもできたり、勉強会などもあったので経験を積むことは十分できただろうなと思います。

【スポンサーリンク】

退職したことの後悔と反省

私自身もう少し我慢して勤めればよかったなと思います。

経験があればそれを活かし他にも転職できたかもしれないですし、資格などの取得もできたかもしれません。

目先のことばかりしか見えておらず、その時はこのままここにいてもお金貯まらないし、一人暮らしもできないし、「いつか辞めるつもりならここにいても仕方ないんじゃないか?」「早くほかのいい仕事についてそこで頑張ればいいんじゃないか?」と甘く考えていました。

でも転職するにしてもやはり好条件のところはこちらに求めてくるスキルなども高いですし、もう少し先のビジョンを組んで医療現場で働きたいなら事務の経験をしっかり積み、違う場所にいってもしっかりできるように勉強してから辞めても良かったなと思いました。

資格をとることもできただろうし、嫌なところばかり目が行きがちですが、もう少し視野を広げてその時考えれたらよかったなと思います。

転職に失敗しないためのアドバイス

これから転職を考えている方はもう一度考えてみてほしいです。

ここにいるくらいなら死にたいと思うほど嫌なら辞めた方がいいと思います。

過労死や鬱で死んでしまうことを考えたら、やめてしまう方がいいと思いますが、そうじゃなく、なんかこれが嫌だな、こんなことしたくないなとかで悩んでおられるなら考えてみてほしいです。

その時は辞めたい辞めたい。でいっぱいになってしまう気持ちはよくわかるのですが、私は何度か転職したことありますがどこでも嫌なとこ嫌な人はいます。

何も問題なく人間関係もいい、嫌な仕事もないなんて職場はないと思います。

どこでもありますし、転職すればするほど嫌なところばかりみえてきたりすることが多いです。

私も「嫌な仕事をしつづけなければいけないのか?」と悩んだこともありましたが、何でもやりつづけることは力になると思いました。

続けるとはすごいことだなと思います。

どんな仕事でもそうです。

1か月していたと10年していただとどんな仕事でもこの人は頑張っていたんだなと思ってもらえるものです。

仕事を辞める人ってゆうのは勿論やめて違う仕事についてよかった、人生変わったて人もおられるかとは思いますが、辞める人は結構どこいっても辞めるイメージです。

なにをしていても嫌なところを見つけたり我慢できなかったり。

本当に辞めるほど嫌なことなのか、もう一度考えてみてほしいです。


一度しかない人生

でも辞めて違う仕事についたりスキルアップして新しい場所に行くのは、すごいことだた思います。

エネルギーも使いますし、若いうちの方が次も見つかりやすいと思いますし、新しいく転職するにしても何か手に職や資格、スキルなど身につけて、長く勤められるようなものだといいなと思います。

大変なこととは思いますが、転職して新しいい環境ですこしでも人生を明るく楽しくすごせるといいなと思っております。

一度しかない人生なので嫌な場所でイヤイヤずっといるよりもあなたがあなたらしく生き生きお仕事できたらそれが一番だと思います。

長く勤めることも大切ですが、新しい決断をして人生を謳歌することも、いいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =