転職で失敗しないためには?気をつける重要ポイント!

「今の仕事を辞めたいけど、転職で失敗したくない」

転職を考える際、誰もが頭をよぎることではないでしょうか?今の仕事を辞めたとしても、今より良い職場に転職できるのだろうか。今より条件が悪い仕事に就いてしまったらどうしよう。このように転職活動に不安を抱いている方も多いと思います。

転職活動で失敗しないためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか?ここで、転職活動で成功するポイントを紹介します。

【スポンサーリンク】

転職する目的を明確にする

まず転職をしたいと感じた時には、今の仕事に関して何かしらの不満を持っているはずです。不満がなければ、仕事を変えるという人生の大きな決断に至らないからです。

今の仕事に関して、自分は何に対して不満を頂いているのか。そこをしっかり追求しましょう。今の仕事の不満を認識することが、転職で失敗しないことに繋がります。

仕事の不満を認識すれば、転職する目的が明確になってきます。

私も転職活動をした一人です。私の場合は、当時の仕事に対して仕事内容や人間関係などは満足していました。問題は給与面でした。当時、結婚やマンション購入を考えていた私にとって給与面で仕事に対して不満を感じていました。そして、転職の一番の目的を年収アップとして転職活動を行いました。

最低でも、転職する目的の優先順位として3つ考えておくことをおすすめします。例えば、私の場合は第一に年収アップ。二番名の優先順位として全国転勤がない仕事。三番目に、今までの営業職としてのスキルや経験が生かせる仕事。という風に優先順位を3つ決めました。

転職の目的優先順位が、転職活動を行う上で、自分の希望と相違がないのかどうか確認する指針になります。

転職エージェントを活用する

転職活動を行う上で、転職エージェントを活用することは必須です。

転職エージェントとは、転職をサポートしてくれるスペシャリストです。

転職エージェントは、転職先企業の紹介から履歴書の書き方・面接のポイントなど転職に関することならほぼ全てのことにおいてサポートしてくれます。

転職活動中の不安や質問は、何でも相談できる強い味方になるので、是非活用しましょう。

私も転職活動中に利用していた、おすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、言わずと知れたリクルート社の転職エージェント部門。

保有する求人数が業界トップクラス。また一般の求人サイトなどに掲載されていない求人も保有しています。

私は、リクルートエージェントで転職に成功しました。

転職エージェントに登録すると、転職先を紹介していくれる担当者がつきます。私についた担当者は、かなり熱量のある方で、履歴書の訂正や面接での対応など厳しく指導して頂きました。

その厳しい指導が結果に結びついたのだと感じています。

リクルートエージェントは登録するだけでもメリットはあります。自分の転職する意欲や気持ちを確かめることにも繋がります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就職で圧倒的な知名度と人気があるマイナビが運営するエージェントです。

一般の求人に掲載されていない、非公開求人が約7割あり、非公開求人の紹介に強いのが特徴です。

私も転職活動中に利用していた転職エージェントの一つです。

求人紹介に関しては、リクルートエージェントよりも積極的に感じました。

しかし、エージェント担当者の熱量はリクルートエージェントの方が高いように感じました。

質問や指導を求めた際の返答の速さや、指導の本気度からいっても少し対応が悪いなと感じたこともあります。

ただ、求人量や求人の質に関しては間違いがないので、マイナビエージェントも登録することをおすすめします。

転職エージェントは、各社で特徴があります。また、エージェントの担当者によって指導の熱量も違います。複数の転職エージェントに登録して、自分に合った転職指導を受けましょう。

転職サイトを活用する

インターネット上で、求人を探せる転職サイトも転職を考える際は活用できます。

転職エージェントで活用して、転職の心構えや履歴書・経歴書などが書けるようになってから転職サイトは活用しましょう。

活用すべき転職サイトを紹介します。

マイナビ転職

多くの学生が就職活動で活用する「マイナビ」の転職者向けといえるのが「マイナビ転職」です。

どちらかというと20代~30代向けの求人が多く掲載されています。

転職フェアなども各地で定期的に開催されており、企業の担当者とサイト上だけでなく、対面で話せる機会もあるのが嬉しいところです。

大手なので求人数も安定して多く、登録しておくべき転職サイトの一つです。

doda(デューダ)

doda(デューダ)は、大手や有名企業の求人が多数掲載されているのが特徴です。

また、企業が興味をもった人材にメッセージを送り、面接を依頼するスカウト機能も充実しています。

スカウト機能を使い、企業からのアプローチを待つという転職活動もできます。

転職サイトは、企業に応募するだけでなく、スカウト機能など使えるものはすべて活用するべき。転職サイトもいくつか登録すれば、希望の企業や職種の転職先を見つけやすくなります

まとめ

転職で失敗しないために、転職の目的を明確にすることから、転職エージェント・サイトの活用を紹介させて頂きました。

転職活動を始めるのに、仕事探しから始める方が私の周りにも多くいます。

しかし、それでは理想の転職ができない可能性があります。

まずは、今の仕事を振り返り、何が不満で何を変えたいのか?とことん考えて、転職の目的を追求しましょう。

そして、転職エージェントや転職サイトを活用し、理想の転職を実現しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 18 =