【第二新卒の転職】新卒時の書類選考とは何が違う?

「履歴書」「職務経歴書」……書き始めてはみたものの。

「学生時代頑張ったこと」を、目一杯エントリーシートに書いた新卒時代。
短いながらも、社会人としての経験を積んだ今、さすがに学生時代のノリで書くのはまずい気がする。

でもそれなら、一体何を書けば良いのか? そもそも、書類選考ってどんなところが見られるの?

そんな気になる疑問や、ちょっとした疑問に答えます。

【スポンサーリンク】

履歴書、職務経歴書は手書き? パソコン?

新卒時代は手書きで凝ったり、下線を引いてみたり、ポートフォリオには写真を使うように指示されたり、と様々な手法がありました。
第二新卒の転職となると、業界・業種にもよりますが、基本的にJIS規格で市販されているものや、転職エージェントや先方が容易したフォーマットに合わせて作成する必要があります。

結論から申し上げますと、手書きでもパソコンでも、どちらかを選んだことで落とされる、ということはありません

ただし、よほど字が汚いと、読みづらいため「相手のことをあまり考えていない」という印象を与える可能性があります。

大切なのは読みやすさと、それを見た人事の担当者が理解出来るかどうかです。

転職エージェントは応募をスムーズに行うため、Word形式の履歴書やtxt形式の職務経歴書が必要と言われる場合があります。

職務経歴書に何を書いたらいい?

資格も無し。第二新卒で経験も少なくて、書くことが何も思いつかない!

大切なのは、経験の浅さではなく「自分はその経験で何をしてきて、何を学んできたか?」ということ。

実際にやってきたことを箇条書きにする等して、その業務の中で気を付けてきたこと、どんな能力を身に付けたのか、どんな成果を上げたのか、どう取り組んできたのか、……等々を書きます。

大切なのは「それを読むことで、自分の仕事の様子を、相手が想像できるか?」ということです。

職務経歴書は、サンプルが様々なサイトに載っているので、比較して自分の使いやすいようにアレンジするのが良いでしょう。

私は、経歴の一番下に『自己PR』という欄を作っていたところ、意外に読まれていたのでアピールになっていたと思います。
口述以外にも、相手が拾いやすいネタを仕込んでおくことがポイントです。

職務経歴書、履歴書でのアピールはした方がいい?


第二新卒は社会人としてはヒヨコなので、とにかく職務上の経験が少ないです。
「学生時代の話もしたほうがいい」とアドバイスをするエージェントもいました。

職務経歴書は、基本的に職務上の経験を書くのが原則です。

学生時代に大きなプロジェクトを立ち上げて、社会人になってからの経験が少ない人もいるかもしれません。ですが、それをアピールするのはここではないのです。

ただ、学生時代に頑張ったことを履歴書に書いておくと、応募先によっては「学生時代こんなことをしていたの?」と拾ってくれるところもあります。

第二新卒は、ポテンシャル採用の側面があります。
そのため、人柄を伝えるという意味でも、書いておくことが場合によっては良い方向に働く可能性があります。


意外と見落としがちな、趣味・特技欄の重要性


履歴書にほぼ必ずといっていいほどある「趣味・特技」欄。
これはスペースが余ったから書いてあるのではなく、ちゃんと意味のある欄なので、絶対に適当なことは書かない方が良いです。

なぜそんなに敢えて取り上げるのかというと、私が受けた転職面接の八割ほど、この欄を突っ込まれたからです。

私は特殊な趣味を持っているわけでもないのですが(読書、映画鑑賞とか)、面接、面談時の「会話」として聞かれました

個人的な印象ではありますが、ここから仕事以外の側面、人柄を見ようとしているように感じました。
そのため、特技は奇抜な者を狙って書く必要はありません

ちょっとした気配りが大切

転職面接とはいえ、人対人のコミュニケーションです。

大切なのは、「相手が話し掛けやすい、きっかけを提供できているか?」「この資料から、前職での勤務態度や仕事に取り組む姿勢が伝わるか?」という視点です。

転職の面接は、新卒面接の雰囲気とは全く違い、「面談」のようなもの。
お互いにフラットで、より条件のすりあわせをする場に挑むのですから、社会人として相手への思いやりを忘れない資料作りを心懸けましょう。

この記事の筆者
SAZA(仮名)
上場企業に新卒で入社。
その後、ノー残業と年収アップを求めて1年9ヶ月で転職を決意。
6つの転職サイトと10社の転職エージェントを駆使し、
現在は某大手企業のホワイトな子会社で、気ままに生活しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − nine =