中途採用の転職の履歴書で学歴はどこから記入すべきか?

履歴書の学歴はどこから記入すべきか?

応募したい会社が決まったら、まずは書類選考があります。

中途採用の書類選考は、履歴書と職務経歴書を作成して、企業に提出又は郵送する形になります。

たまに、企業によっては、求人に履歴書だけで良いと記載されてる所もありますが、その場合でも職務経歴書も履歴書と一緒に同封して提出してください。

職務経歴書は、履歴書の何十倍もアピール効果があるので、指定されなくても提出するようにしましょう。

少し話がそれてしまいました。

本題に戻ります。

その中で、履歴書の学歴の部分で戸惑う人はすごく多いです。

一体どの部分から記入すれば正しいのかが分からないので悩んでしまい、完成するのにとても時間がかかってしまうという話はよく聞きます。

当時の私も、このことでだいぶ悩んでいました。

もちろん正解はあります。

ただ、この正解が世間にはあまり浸透していません。

浸透してないのも無理はありません。

日本は新卒一括採用のシステムを取ってるので、新卒採用のための履歴書マニュアルやサポートはいっぱいあるのですが、中途採用のマニュアルやサポートはそんなに多くはありません。

中途採用が活発になったのは割と最近です。

日本の中途採用のサポートは、他の先進国に比べてとても遅れています。

なので、中途採用者向けの履歴書の学歴の書き方を知らない人が多いのです。

今回は、転職者用の履歴書での学歴の記入についてを詳しく解説していきたいと思います。

新卒とどう違うのかも説明させていただきます。

ぜひ、最後まで読んでください。

【スポンサーリンク】

中途採用のときは、高校からの学歴を記入すること

1をさす女性

中途採用者も学歴を小学校から記入してる人は結構います。

おそらく新卒採用と同じで大丈夫だと勘違いしてるのだと思います。

でもそれは大きな間違いなので、今後はやめてください。

中途採用の応募の場合は、企業は即戦力になれる人を欲しがっています。

学歴欄よりも職歴欄を重視します。

学歴欄を小学校からビッシリと書いたら、一番大事な職歴欄を書くスペースが無くなってしまいます。

私みたいに転職回数が多い人はなおさらです。

最もアピールしなければならない箇所を簡潔に書いて提出してしまったら、不採用になる確率がグンと上がります

それは、非常にもったいない話です。

なので中途採用者は、新卒採用みたいに小学校からの記載はせず、高校から記載するようにしましょう。

ただなにかの諸事情で、小学校からの学歴を記入したほうが、応募先の会社へ良いアピールになる場合も無いとは言えません。

そのような場合は、詳しい職歴は、職務経歴書に記載してると必ず記入してください。

もちろん、履歴書にも簡単に職歴は記入した状態でこれをおこなってください。

人事の方は、履歴書よりも職務経歴書の方をじっくり見る傾向があるので、全く自分の良さをアピールすることなく不採用になることは避けれます。

なので、中途採用枠で企業に応募する人は、高校からの学歴を記入すれば十分です。

まとめ

ガッツポーズをするサラリーマン

今回の記事で分かったことは、

ポイントまとめ

・履歴書の学歴欄は、新卒採用と中途採用では、書き方が全然違う。

・中途採用も同じ書き方と勘違いしてる人は即やめてください。

・新卒採用は、小学校からの学歴を記載すること。

・一方中途採用は、高校からの学歴を記載すること。

・転職者の場合は、学歴欄よりも職歴欄が大事なので、新卒みたいに小学校からの学歴を書いたら、最も大事な職歴欄を簡潔に書くはめになってしまうので、中途のときは、高校からの学歴を記入すること。

・どうしても小学校からの学歴を記載しなければならない事情がある人は、履歴書に詳しい職歴は別紙の職務経歴書に記載してると書くこと。

などです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + seventeen =