【第二新卒の転職】新卒時の面接とは何が違う?

いざ面接! 新卒者面接と転職者面接の違いは?

まずは書類選考通過、おめでとうございます!

面接では、新卒との違いを見せたいアピールしたいところ。
でも具体的には何を聞かれるのでしょうか? また、何が面接では見られているのでしょうか?

新卒の面接時に「もし過去に戻れるならいつ戻る?」「自分を動物に喩えるなら?」「好きな食べ物をプレゼンして」といった質問の対策をしていた人もいるかもしれません。

転職の面接でも、内容は異なりますが、やはり準備しておいたほうがいい、想定問答があります。

【スポンサーリンク】

新卒と変わらず聞かれること

・自己紹介/職務経歴紹介/自己PR
・志望動機
・自分の長所/短所は?
・(趣味・特技欄について、会話を装って性格を探るような質問)

短所については、「こうして解消、改善しようと努めている」といった話をした方が良いでしょう。

・どんな業界・職種を探している?
・他は何社くらい受けている?
・将来どうなっていたい?
・他の人にどんな性格と言われる?(それは何故だと思う?)

これは聞かれないこともありますが、自己紹介の中で自分から言ってアピールすると、面接官の人とても興味を惹かれるようでした。なので、結構大事なポイントなのかなと思いました。

・「何か質問はありますか?」

ここで必ずアピールする人もいますが、ここを重視するかどうかは企業によって違うようです。

新卒と違い、第二新卒の転職面接で聞かれること

・退職理由
・転職をする上で大事にしていることは?

以下は、私が受けた面接で質問された質問で、たまに聞かれた特徴的な質問です。

・前職で苦労したことは?
・前職で自分で考えて成果を上げたことは? それは自発的に?言われてやったこと?
・前職で自分なりに工夫したことは?
・もし入社したら、どんな環境を求めている? あなたは周りからどんなサポートが必要になる?
・どういう人が付き合いにくいと感じる?
・最近怒ったことは? ショックだったことは?

採用担当が確認したいポイントとは?


新卒の時と同じこと、違うことをまとめてみると、その特徴が見えてきます。

新卒時と変わらず聞かれること … なぜその企業を選んだのか?

学生だろうが、社会人としてヒヨコだろうが、変わらない質問です。
これは、自分達がもしからしたら今後、その人を採用した後に一緒に仕事をするかもしれない未来を描くために聞かれています。

新卒時の「他に何社受けている?」の質問と同じく、自分達の志望度と相手の志望度合いがマッチしていることは、やはり重要となってきます。

ただ、転職者と企業は「あくまで対等な立場で、お互いの今後についてのすりあわせに来ている」という面談・面接なので、「御社が第一志望です!」を必要以上にばらまく必要は無いでしょう。

新卒時では聞かれなかったこと … なぜ転職したのか?

転職者が採用後にまた転職してしまうのではないか? という理由の払拭だけの質問のようにも見えますが、これは違います。

確かにそうした側面もありますが、前職での話を聞くことで、実際の業務の姿を、相手方が思い描くことができる質問です。

ネガティブな質問のように見えますが、これも企業側が、「この人を雇ったら、自分達と仕事をする時に、どんな姿勢で仕事をしてくれるのか?」を前職を事例として確認する意味合いがあります。
ここで変に誇張してしまうと、企業側とのミスマッチが起きるので、慎重に言葉を選んだ方が良いでしょう。

大切なのは、ネガティブな要素を答える場合は、必ず今後・未来、どうしていきたい、どう改善したい、そのためにはこんな行動をしている、とアピールすることです。


面接で大切なこと

転職の面接は『呼ばれて行く』のではなく、時間を貰って『自分をアピールしに行かせてもらっている』場所です。
忘れてはならないのは、「面接は、その面接官のために喋る」こと。

面接では、会社によって興味を持つところが違います。

経歴に自分ではアピールになるほどではない、と思って小さく書いておいたスキルを見て、「これはどうやって勉強したの?」と聞くところもあれば、職務内容で「これは具体的にどんな仕事だった?」「こういうことは得意?」「どうしてそんな志望をするようになったの?」といった質問をしてくる面接官もいます。

これを呼んでいる方が初めての転職面接に挑もうとしているのでしたら、まず安心して下さい。

新卒面接のような、理不尽な質問、こちらを当惑させるような質問をしてくるような面接官はいません。

ただし、落とす目的の面接であれば、そんな質問をしてくる面接官もいるかもしれません。

まとめ


ある企業が行った転職面接実験で、こんなものがありました。

「表情がほとんど変わらないけど、言っている内容は分かりやすい人」と「いつもニコニコと笑顔だけれど、何を言っているのかさっぱり分からない人」を面接した場合、どちらが選ばれやすいのか?

面接対策では、分かりやすい喋り方、内容が大切だとよくアドバイスをされる人もいるでしょう。

実験の結果、選ばれたのは後者の笑顔の人。面接というライブ感のある場所で、その人が放つ笑顔のオーラに面接官が巻き込まれた、と言っても過言ではありません。

特に第二新卒の人は、フレッシュさを求められています。

面接前に紙を見て丸暗記した志望動機を述べていくよりも、まずは何より、自分は「話をしに行く」ということを忘れず、顔を上げて、鏡の前で笑顔で喋る練習をしてみましょう。

この記事の筆者
SAZA(仮名)
上場企業に新卒で入社。
その後、ノー残業と年収アップを求めて1年9ヶ月で転職を決意。
6つの転職サイトと10社の転職エージェントを駆使し、
現在は某大手企業のホワイトな子会社で、気ままに生活しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =