転職活動の最終面接での逆質問は最大のアピール

逆質問対策は必ずすること

面接の最後には必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。

その時に、「特にありません」と答えてしまったら、面接官は「この人は本当にこの会社に入りたいのか」と疑ってしまいます。

本当に興味があるならば、自然と聞きたいことがいっぱい出てくるはずです。

なので、面接官は何も質問が無ければ、不安に感じてしまうのです。

でも、志望動機や転職理由の対策はするが、逆質問対策をしてない応募者は以外と多いです。

どうしても逆質問は軽くみてる応募者が多いです。

これは非常に誤った考え方です。

逆質問を疎かにしてしまったら、せっかく良い志望動機を答えても、不採用になることが十分考えられます。

特に最終面接では、「社長」と「役員」と採用決定の権限を持ってる方たちが相手なので、そこで「質問は特にありません」と答えてしまったら、一次や二次面接の時よりも印象がかなり悪くなります

どの面接でも逆質問は大事だが、最終面接では特に大事だと思ってください。

でも、なんでもかんでも質問をしていいわけではありません。

質問内容や相手によっては、不採用になってしまうこともあります。

でも、ちゃんと対策をすれば、すごい良いアピールになります。

なので、今回は最終面接での逆質問対策について解説していきます。

ぜひ、最後まで読んでください。

【スポンサーリンク】

相手によって質問を変えること

ビジネスマンたちの会議

面接官によって、重視してる部分が違います。

なので、相手を考えずにやみくもに質問をしてもあまりアピールにはつながりません

しっかりと相手に合った逆質問をするようにしましょう。

一次面接の面接官は、人事部の方が多いです。

この場合は、ビジネスマナーコミュニケーション能力などを重視しています。

二次面接の面接官は、現場責任者の方が多いです。

この場合は、求人内容を理解してるのか、即戦力になれるかなどを重視しています。

最終面接の面接官は、社長と役員の方が多いです。

この場合は、入社意欲本当にこの会社に骨を埋める覚悟はあるのかを重視しています。

相手によって重視してる部分が違うので、それに合った質問をするようにしましょう。

逆質問でしてはいけない質問

ディスカッション

相手関係なく、絶対にしてはいけない逆質問があります。

下記に例をあげるので、じっくりと読み、絶対にしないようにしてください

気弱な質問は避けること

「御社のこの業務がいまいち自信がありません」などの質問はしないでください。

このような質問は、面接官を不安にさせるだけです。

絶対にやめましょう。

会社の求人票やホームページをみればすぐにわかること

少し調べれば分かる質問をすると、この人は企業研究を怠ってると思われ、非常に印象が悪くなるので、避けるようにしてください。

給料や福利厚生の質問

給料や福利厚生の質問をするのは決して悪いことではありません。

ただ、仕事内容や理念や社風などの質問はしないで、給料や福利厚生ばかりの質問をするのは絶対にやめてください。

この人は、会社や仕事には興味がないのだと思われてしまうからです。

なので、絶対にこの質問ばかりをするのはやめましょう。

あと、高額な給料を希望するのももちろんNGです。

もし、面接官から「給料はいくら欲しいですか?」と聞かれたら、御社の規定に従いますと答えておきましょう。


最終面接での逆質問について

話をする女性

では、ここから本題の最終面接での逆質問の回答例について詳しく解説していきます。

じっくりと読んで役立ててください。

質問例その1 今後の事業計画についてを聞く

「可能な範囲で構わないので、今後の御社の事業計画を教えていただけないでしょうか?」

上記のように、会社がこの先どのような方向で向かってるのかを質問すると、この応募者はこの会社について興味があるのだと、一定の評価をしてもらえます。

質問例その2 どのような人物に来てほしいかを聞く

「御社がぜひ採用したいと思う人物は、どういった方ですか?」

これをしっかりと聞いておけば、それにつながるアピールができるので、質問するようにしましょう。

あと、入社後のミスマッチも回避できます。

質問例その3 ホームページに載ってる事業内容や目標などをより深く聞く

「御社のホームページに三年後の目標は、売上金を今の180億から200億にすること、と記載されてましたが、具体的にどのようにして目標達成を考えているのですか?」

「御社は、2016年から急激に売り上げを伸ばしてますが、どのようにしてこの結果につながったのでしょうか?」

面接官にしっかりと企業研究をしてるのだとアピールすることができます。

あとこの質問は、最終面接以外の面接でも使えるので、ぜひ利用してください。

質問例その4 企業理念や社風について聞く

「御社の社風や理念にとても感動しました。どのようなきっかけでこの理念にたどりついたのですか?」

自分と企業の相性が良いとアピールすることができます。

例えば、この応募者は能力的には問題ないと思っても、面接官から理念や社風に共感してないと判断されたら、この人物はすぐに辞めてしまう可能性があると思われ、不採用になってしまいます。

なので、自分はこの会社の考えに合ってるとアピールすることはとても大事なことです。

しっかりと企業研究をして、この質問をするようにしましょう。

以上のことをしっかりと頭の中に入れて、面接官に上手く伝える練習をすれば大丈夫だと思います。

まとめ

ガッツポーズをするサラリーマン

今回の記事で分かったことは、

ポイントまとめ
・面接での逆質問で「特にありません」はNG。

・最終面接では、逆質問が無かったら、不採用になる確率が高くなる。

・なので、逆質問対策はしっかりとおこなうこと。

・相手によって逆質問の内容を使い分けること。

・気弱な質問、ホームページなどですぐに分かること、待遇面ばかりを質問するなどは避けること。

・最終面接では会社の事業計画や、どのような人物を欲しているのか、理念や社風についてなどの質問をするのが良い。


などです。

これらを参考に、しっかりと最終面接の逆質問対策をしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + seven =