第二新卒の転職は新卒と何が違う?おすすめの転職エージェントは?


「いざ転職!」新卒時とどう違う?

「会社に入ったはいいものの、どうも違う気がする。でも、まだ『新人さん』扱いも抜けきっていない……」そんな思いを抱きながら、転職に踏み切った方もいるでしょう。

「もう新卒ではないし、アルバイトになりたいわけでもない。『第二新卒』は、新卒と具体的に何が違うの?」

どんな理由であれ、現状を変えたい!という勇気ある一歩を踏み出した矢先、ふと疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

ここで、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

【スポンサーリンク】

第二新卒とは?

第二新卒とは、一般的に『新卒で入社して、三年未満』の求職者をさします。

ただし、明確な定義は無く、採用企業によっても定義に揺れがあるようです。

『第二新卒』の解釈として多いのは、20代半ばであることが多いようです。

新卒のメリット/デメリット

【メリット】
新卒者である、という事そのものがメリットです。
なぜなら、誰もが『未経験』で仕事に挑戦することができるから。

現在、大学の新卒一斉採用が見直される風潮にあります。
しかしながら、制度的にはなかなか是正されることがないため、すぐに新卒市場が大きく変化するということは無いでしょう。

そのため、これは大きなメリットと言えます。

【デメリット】
アルバイトとは違う、会社勤めというものを通年で経験する機会が滅多に無いこと。

多くの新卒者は、『社会人』としての自分を求められたことがありません。

そのため、その会社や仕事が自分に合っているか、ライフプランは?という具体的な視点で就職を考えることが難しいと言えるでしょう。

第二新卒のメリット/デメリット

では、第二新卒はどうでしょうか?

【メリット】
何といっても、新卒と社会人の良い所をハイブリッドに兼ね備えているところでしょう。

第二新卒は『新卒』に近い(=伸びしろがある、長期的なキャリア形成ができる!)上に、基本的なビジネスマナーが身についている、というメリットがあります。

また、転職者の中でも、特に若くフレッシュであるため、入社への強い意欲を持っている、という点も高く評価されるポイントです。

【デメリット】
最たるものは、まだ社会人としてもヒヨコともいえる時期に、短期間で仕事をやめていることです。
これは、第二新卒の人が避けては通れない道です。

採用担当者は、いくら第二新卒を積極採用、第二新卒歓迎をうたっていたとしても、「またすぐに辞められてしまうのでは?」という懸念を抱いていない、ということではありません。

第二新卒の人は、辞めた過去についてのエピソードよりも、これから自分は何を実現したいのか? という話を主軸に起きながら、話を膨らませると良いでしょう。

 

新卒の項目でも記載しましたが、現在、新卒市場も大きな変換点にあります。
中には、民間の人材会社が新卒者向けに新たなサービスを始めている、という様子も見受けられます。

その中でも、特に新しい潮流として見られるのが、新卒者のための「エージェント」の出現です。

「新卒エージェント」「転職エージェント」といった呼称があります。

元々、「エージェント」のサービスは転職者向けに作られていた、という流れがあります。

求職者は自力で仕事を探す、という選択肢以外に、「プロの手を借りる」という選択肢があります。
それこそが、「エージェント」の仕事なのです。


転職エージェントとは?

一言で言えば、「転職活動を支援してくれるプロ集団」のことです。

エージェントは、求職者に利用料を請求しません。
無料(タダ)でプロの手を借りることが出来るのですから、これを使わない手はありません。
「でも、タダなんて、そんな美味い話があるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

これには、エージェントが得る利益の仕組みを知る必要があります。

エージェントが利益を得る仕組み
エージェントは正社員採用を考えている企業から、欲しい人材のヒアリングを行います。

求職者からも要望をヒアリングし、ヒアリング済みの企業の社風や要望とマッチしていれば、紹介。

求職者と企業の間に立って条件や面談の日程を交渉。

双方が希望すれば、求職者と企業が、直接に雇用契約を締結します。【いわゆる内定】

エージェントは、採用が決定した時点で、利益を得ることが出来るのです。
企業側は、求職者の想定年収から○割、と決まった紹介手数料をエージェントに支払います。

エージェントによって何割が手数料になるのかは異なります。

大規模採用を行っている企業によっては、手数料を割引する、といったエージェントもあるようです。

エージェントは、出来るだけ転職を希望する人の年収アップ(=紹介料アップ)を狙いたい。
ここが、求職者とエージェントの利害が一致するポイントとなり、全力でサポートする理由にもなるのです。

エージェントの「今日からあなたの転職を、全力でサポートします!」
……この言葉に、偽りは無いのです。

おすすめの大手転職エージェントの特徴

リクルートエージェント

人材業界におけるガリバー。求人の質・量ともに業界ナンバーワン級。

業界最大手ということもあり、エージェントの抱えている案件が多い。
人によっては機械的・淡々としている、といった印象を抱くことも。

しかし、独占求人を数多く持っていることもあり、質の高さは折り紙付き。
エージェントとの意思疎通がしっかりとれていれば、満足度の高い転職活動ができるはず。

また、こちらのエージェントは土曜日も対応してくれます。
在職中に転職活動をされている方は、特に助かるのではないでしょうか。

リクルートエージェントは、企業への応募前にリクルート内で社内選考が行われます。
ただし、社内選考で落選してしまったとしても、志望度が高ければ社内でのプッシュがあり、企業との面接まで辿り着くことは十分に可能です。

DODA

DODAが提供する、自己応募のサイトと併用するユーザーが多いです。こちらも業界大手で、求人の量が圧倒的。
リクルート同様、非公開求人をかなり持っているため他社のエージェントとの比較基準にもなります。

ただし、こちらもリクルート同様、一人のエージェントが抱えている求職者が莫大なので、人によっては素っ気なく感じる人もいるかもしれません。

DODAはエージェントが提案する案件と、自己応募の公開サイトの案件が重複していることがあるので注意しましょう。

type転職エージェント

こちらは東京・神奈川・千葉・埼玉のみとなりますが、サポートの手厚さ、エージェントの熱量が大手エージェントの中でも際立っています。
特にIT企業の独占案件を多く持っています。

転職エージェントとしては老舗ですが、一人のエージェントの抱えている求職者が比較的少なく、かなり綿密で丁寧なヒアリングを行ってくれます。

また、経験が浅い第二新卒の人の「人柄」の良いところを強く企業にアピールしてくれるなど、そうした細かい点にも気が付くエージェントです。

転職はしたいが、どんな事がしたいのか? どんな業界が合っているのか? そうしたところに自信が無い人には、特にお薦めです。

【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたでしょうか? 人材業界には現在多くのエージェントがありますが、その中でもここに登録しておけば間違い無い! という大手を紹介させて頂きました。

大切なのは、「そのエージェントとなら、一緒に転職を頑張っていけるか?」というフィーリング。

うまく使い倒して、あなたが転職を成功させられることを心から祈っています。

この記事の筆者
SAZA(仮名)
上場企業に新卒で入社。
その後、ノー残業と年収アップを求めて1年9ヶ月で転職を決意。
6つの転職サイトと10社の転職エージェントを駆使し、
現在は某大手企業のホワイトな子会社で、気ままに生活しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =